TEMAHIMA

Webデザイナーの寺岡幸雄の公式サイト「TEMAHIMA(てまひま)」

wordpressの記事内にソースを記述する方法ならGitHub

プラグイン「Crayon Syntax Highlighter」は更新がストップ

wordpressやjQueryなど分からないことががあると、当然web上で自分の悩みを解決するために検索しますね。
すると、分かりやすく、コピーもできるソースが書き込まれたボックスを見たことはありませんか?

あのボックスをこのブログでも使いたくて、それこそ検索してみたところ使いやすそうなプラグインが見つかりました。
「Crayon Syntax Highlighter」というプラグインなのですが、インストールしようと管理画面から検索したところ、どうやら3年前から更新が止まっていました…。

セキュリティー上の問題ももちろんあるのですが、それ以前にwordpressのバージョンアップ時に使えなくなる恐れがあり、いや、使えなくなるだけならまだしもwordpress自体が使えなくなることだってありえます。

GitHubを使ってみよう

そこでさらに良いツールはないかと探したところ、以下の記事を見つけました。

<GAME USERS 開発ノート>

WordPress 記事にソースコードを埋め込むテクニック&プラグイン紹介

wordpressの機能追加は通常プラグイン、またはfunctons.phpへの追記で対応しているのですが、今回はGitHubを使ってみることにしました。

GitHubを使う理由は「使ったことがないから」

「代わりのプラグインを探せばいいじゃん」と思うかもしれませんが、GitHubはそろそろ触れないと…とかなり前から考えていました。
理由は単純で、クライアントから使用を迫られたからです。

迫られたというのはちょっとニュアンスが違うかもしれませんが、「寺岡さん!これ便利ですよ!」と数年前から使っているのは使っていたのですが、全然理解していなかったのでいい加減勉強しないと…というのが一番の理由です。

GitHubの登録は簡単。

以下からアクセスし、新規登録を済ませるだけです。

https://github.com/

GitHubトップページ

ネックは全て英文だということですが、この辺りも翻訳機能を使えばなんら問題ありません。
便利な時代になりました…。

とりあえず目的の「記事内にソースを記述する」を達成する

GitHubはワールドワイドに自分のソフトやコードを共有するのが目的です(かな?)ので使い方のメインではないと思うのですが、とりあえず今回は目的の「記事内にソースを記述する」を達成することにします。

ログインした後、右上の「+」から「New gist」をクリックします。

各項目に記述して「Create public gist」をクリック。

「Embed」横のソースをコピー。

wordpressの「テキストモード」でソースを貼り付けると。

と無事表示されました。

備忘録にももちろん使えますし、今後使いやすくなりそうです。

プラグインよりも一手間、二手間かかりますが、どのプラグインも更新が滞ってるようですので今のところGitHubがおすすめです。
ただ、GitHubについてはもっと本格的に勉強しないといけないですね…。